旦那さんへ誕生日プレゼントを贈る場合、どんな物を贈っているでしょうか。
定番的なアイテムと言ったら財布、時計、ネクタイ、カバンっと言った所が多いかもしれませんね。
実用的なアイテムですし、貰って旦那さんもすごく喜ぶと思います。
またいつもより少し高価な物を贈ってあげる事で、誕生日プレゼントと言う特別な感じも出てくると思います。
しかし、こうした誕生日プレゼントも何年かする内にネタも尽きてくる様になりますよね。
そんな時に是非試して頂きたいのが、夫婦でペアの何かを購入してみるという事です。
ペアのアクセサリー等も良いかもしれませんね。
ペアのアクセサリーと言うと、結婚指輪が思い浮かびますが、結婚指輪以降はペアのアクセサリーなんて買う機会もないでしょうから、是非一度贈ってみてはいかがでしょうか。
とはいうもののペアのアクセサリーを贈る事が気恥ずかしいという場合には、同じ誕生日でも節目の誕生日の時なんかが良いかもしれません。
40歳、50歳と言う様に節目の時に、いい機会ですので贈ってみると贈りやすいと思います。
ペアのアクセサリーと言うと、指輪が思い浮かばれますが、指輪でもシンプルな物が好まれると思います。
また最近ではパワーストーンが流行っている事もあり、パワーブレスレットをペアで購入して贈ってみるというのも良いと思います。
パワーストーンには石によって効果が違いますので、旦那さんに叶えて欲しい効果がある石を選ぶ様にしましょう。

お金に制限が無いのであれば、時計だったりカバンだったり高価な物を旦那さんへの誕生日プレゼントとして買ってあげられると思います。
しかし共働きであっても専業主婦であっても家計を預かる主婦の方達にとって、旦那さんへの誕生日プレゼントを購入するという事は、家計をやりくりしなくてはいけないと言う事にもつながってきます。
そこで旦那さんへ誕生日プレゼントを購入する際には、家計の事をしっかり考えた上で自分なりのルールを決める様にすると良いと思います。
例えば誕生日プレゼントの費用は高くても3万円以内にする様にすると言うのはいかがでしょうか。
それ以上になると、旦那さんにとっても奥さんへの誕生日プレゼントを購入するのに負担になってしまう事になりますので、3万円以内であれば妥当な所ではないかと感じます。
また誕生日だけではなくて年に数回プレゼントを贈っているようであれば、もっと上限を低くしても良いかもしれません。
とにかく家計に負担にならない様に値段の制限を付ける事はとても大切だと思います。
その上で家計に負担にならない様な誕生日プレゼントをすると言うのであれば、手作りの物で愛情を込めて贈ると良いですよね。
手編みのセーターやマフラー、手作りの豪勢な食事なんかは愛情がこもっていますので、貰う方も凄く喜んでくれると思います。
またお金をなるべくかけない様にと言うのであれば、夫婦で一緒にいる時間を持つというプレゼントもオシャレで良いと思います。
普段仕事で忙しくて家にいないとなると、なかなかゆっくり話す事も出来ないと思いますので、夫婦でゆっくりできる時間を作ってあげて色んな話をしてみるという誕生日プレゼントもオススメです。
旦那さんへのプレゼントは制限をある程度決めて、家計に響かない様にする事で毎年楽しんでいけるイベントになると思います。

何故か付き合っている彼氏の時は誕生日にお祝いをして、誕生日プレゼントを贈っているのに、結婚して旦那さんになった途端に誕生日プレゼントを贈らないと言う方が多いそうなのです。
その理由はいったいなんなのでしょうか。

理由としては色々あると思います。
「いつも一緒にいて生活を共にしているので、新鮮さが無くなった」「旦那さんも私に誕生日プレゼントをくれないから、私もあげない」と言う様に色々な理由が挙げられると思いますが、圧倒的に多いのは「結婚してから自由になるお金が少なくなった」と言う事だと思うのです。
本当は誕生日なのだから旦那さんにプレゼントを贈ってあげたいけど、専業主婦の場合は結局は旦那さんが稼いできてくれたお金だからプレゼントを贈る事に気が引けると言う気持ちがあるのだそうです。
自分で働いている場合は、そのお金を貯めて旦那さんに誕生日プレゼントを贈ってあげるという事も自然と出来るでしょうが、専業主婦である場合は簡単には出来ないという事なのですね。
そう考えるとちょっと切ない感じがしてきますが、実際的にお金は旦那さんが稼いできてくれるかもしれませんが、家での生活を支えているのは奥さんなのですから、いただいたお金はやりくりして、その中でプレゼントを買ってあげるのは別に良いと思うのです。
もちろん、お金を自分が使うのは当然と言う感覚で使いすぎてしまっては家計が破綻してしまいますが、負担にならない程度、限度をわきまえた上で誕生日プレゼントを買ってあげると良いと思います。
1年に1度の誕生日ですから、是非お祝いとちょっとした誕生日プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

誕生日プレゼントと言うと、お金をかけて何か買ってあげなくてはと思う人が多いと思います。
旦那さんの誕生日の時に奥さんが誕生日プレゼントを買ってあげようと思った場合、そんなに高価な物は買えないからどうしようと悩む事もあるかと思います。
でも誕生日プレゼントはお金をかけたから良いと言う物ではない様にも思えるのです。
実際に物をあげるのではなくても喜んでもらえる方法は有ります。
旦那さんに日頃の感謝を込めて「気持ち」を伝える事だと思うのです。
気持ちを伝えると言っても、「愛してる」「大好き」と言う言葉は恥ずかしくてなかなか言えないですよね。
本当は言えた方が喜ぶと思うのですが、「誕生日おめでとう」「いつもお仕事ご苦労様」「いつも感謝しています」と言う様に感謝の気持ちを伝えるだけでも旦那さんへの誕生日プレゼントとしてはとても喜ばれる事だと思うのです。
いつも言いたくても言えない言葉も誕生日であれば言いやすいと思いますので、是非気持ちを言葉で伝えてみてはいかがでしょうか。
旦那さんの方も最初はビックリしたり照れたりしたりするかもしれませんが、奥さんからの気持ちをしっかりと受け止めてくれると思いますし、喜んでくれると思いますよ。
多くの男性は単純だと思いますので、褒められる事でかなり喜んでくれると思いますよ。
旦那さんの照れている顔をみるだけでも、言った価値はあると思いますよ。
結婚をするとこうしたイベントに対して無頓着になってしまう方が多いと思いますので、たまにはこうしたサプライズも行ってみて夫婦円満に結婚生活を送る努力もしていきましょう。

「サプライズ」をして誕生日に旦那さんをビックリさせてみてはいかがでしょうか。
旦那さんの誕生日って、意外と誕生日の夜に「おめでとう」って言う言葉だけで済ませている夫婦が多いそうなのです。
結婚して何年も経つし今更誕生日プレゼントっていうのも気恥ずかしいと思って何もしないのかもしれませんね。
また、毎年誕生日プレゼントをあげているけれども毎年の事だからネタも尽きてきたと言う方も多いと思います。
是非今度の誕生日には旦那さんをビックリさせて喜ばせてみてはいかがでしょうか。

誕生日をお祝いするのって普通は誕生日当日の夜だと思うのですが、夫婦で一緒に生活している以上、夜になる前に顔を合わせてしまう場合が多いですので、夜にサプライズと言ってもちょっと無理があるかもしれません。
そこで旦那さんをビックリさせるのに適したタイミングと言うのが、誕生日になったばかりの0時だと思うのです。
日付が変わった瞬間、「誕生日おめでとう」の言葉と誕生日プレゼントでお祝いしてあげてみてはいかがでしょうか。
きっと予期せぬ事で旦那さんもビックリしてくれると思います。
サプライズをする為のポイントとしてはいくつかあります。
一つは旦那さんにサプライズがばれないように直前に準備をする事。
一つは日付が変わる瞬間まで誕生日の事を忘れている感じにして、普段通りの生活をする事です。
毎年行うとサプライズにもならなくなりますので、不定期に行う様にして、是非旦那さんとの仲を深めてくださいね。

自分の旦那さんの誕生日に誕生日プレゼントを買ってあげようと思う奥さんは多いと思いますが、大体予算の相場ってどの位なのかご存知でしょうか。
ここで挙げられる予算は平均的な予算ですので、一概にこの値段とは言えませんが、大体若い世代で15000~20000円位、30歳過ぎの方で15000~30000円と言うのが相場だと言われています。
意外に旦那さんの誕生日プレゼントに予算をかけているのだなと言う事が分かると思います。
もちろん各家庭の家計の事情にもよりますので、これに限った話ではありませんので、必ずこの予算をかけなくてはいけないと言う物ではありません。
平均的な予算よりも多くお金をかける人もいるでしょうし、お金をかけないで旦那さんを楽しませようと考える奥さんもいると思います。
要するに平均的な相場に惑わされずに自分なりの誕生日プレゼントを贈ってあげると良いと思うのです。
また誕生日プレゼントを購入する際、気を付けて欲しいのが、家計に負担をかけない様にするという事です。
奥さんが自分のお小遣いや貯金から旦那さんへの誕生日プレゼントを購入すると言うのであれば良いのですが、食費を削ってまでプレゼント代に回すとか、クレジットカードを使って借金をしてまでプレゼントを買う様ではちょっと違うのではないかと感じます。
また予算を15000円にして、5000円で何か好きな物を買ってあげて、残りの10000円で食事をしに行ってお祝いしてあげるという方法でもいいと思います。
要するに予算の相場は相場として、無理せずにその時出せる金額で十分にお祝いをしてあげると良いと思うのです。

女性が誕生日プレゼントを貰う場合、アクセサリー等の宝飾品を欲しいと言う方が多いと思います。
対して男性が誕生日プレゼントを貰う場合、欲しい物の上位にくるのが実用品である事が多いのです。
スーツ、ネクタイ、カバン、財布と言う様な普段使える様な実用品を欲しいと思う人が多いみたいです。
欲を言うと普段自分が購入するよりは少し質が良い物を欲しいと思う人が多いみたいです。
これは旦那さんに限った話ではなく、彼氏でも同じ事が言えると思います。
では何故男性はこうした実用品を誕生日プレゼントで欲しいと思うのでしょうか。
元々男性と言うのは物欲がそんなに無いと言われています。
ですから旦那さんや彼氏に「誕生日プレゼント何が欲しい?」と聞いても「特に無い」「何でも良いよ」と返答される場合が多いそうです。
そんな男性は仕事に対してもプライベートに対してもステータスにこだわりたいと思う方が多く、そのステータスが満たされないと不安になってしまう様なのです。
では何でそのステータスを得ようかと考えた場合、手っ取り早いのが高級車やブランド物の高級腕時計と言った様な物を身に着けると言った物みたいです。
とはいう物の、そうした高級品を直ぐに買えるほどお金に余裕がある方は今の世の中少ないですよね。
そうなるとなかなか欲求が満たされずに不安になってしまうと言います。
そんな中、普段使っている実用品の少しグレードが高い物を誕生日プレゼントに貰ったとしたら、多少なりともステータスが満たされる事になりますので、凄く喜んでくれると思うのです。
こうした理由から男性が誕生日プレゼントを貰う場合に実用品を望む方が多いのではないかと想像できるという訳です。

せっかく旦那さんに誕生日プレゼントを購入したのであれば、喜んで欲しいですよね。
単に誕生日プレゼントを渡すのも一つの方法ですが、渡し方にも一工夫有った方がより効果的に喜んでくれると思うのです。
そこで是非取り入れて欲しいのが、旦那さんに誕生日プレゼントを渡す際には、少し部屋を暗くした状態で渡して欲しいと言う事です。
これを「暗闇効果」と言うらしいのですが、人間の心理上、暗闇の中に入ると不安が募ってくる様になりますよね。
その不安な状態の中で、近くに人がいる事でその人に安心感を覚え、親近感や親密度が増すと言う様に言われています。
旦那さんだから既に親近感や親密度が湧いていると言う話も有りますが、夫婦もずっと一緒にいるとどうしてもマンネリ化してきて、いるのが当たり前で新婚当初のドキドキ感なんてなくなってきます。
こうした感情を誕生日の時でも取り戻す事が出来る様になると言う訳です。
誕生日は年に1度のイベントですので、気分良く過ごしたいし過ごさせてあげたいですよね。
その暗闇効果を狙う為には、家の中の電気を少し暗くしてみるのも一つの方法です。
蛍光灯だと明るくなってしまいますが、間接照明の様な少し暗くて雰囲気がある感じの物にしておく事で、雰囲気作りもできますので誕生日プレゼントも雰囲気良く渡せるようになると思います。
また何年かに一回でも外の雰囲気が良いレストランで食事をすると言うのも効果的ですよね。
この様に旦那さんに誕生日プレゼントを渡す際にはシチュエーション等も考えた上で渡す様にすると、一層喜んでもらえると思いますよ。

旦那さんでも彼氏でも同じだと思いますが、何年も一人の人と付き合っていると誕生日プレゼントもネタが尽きてくると思うのです。
洋服、靴、ネクタイ、財布と誕生日プレゼントは色々ありますが、毎年同じと言う訳にもいきませんものね。
どうせあげるなら喜んで貰いたいですし。
そうなると何をあげたらいいのかすごく困ってくると思うのです。
そこで何か困った時には誕生日プレゼントとして「現金」をあげると言うのはいかがでしょうか。
旦那さんや彼氏に欲しい物を聞いて、それを買ってあげたとしても、必ずしもそれが趣味に合う物かどうかはわかりませんよね。
それならば本人に買って貰った方が良いと思うのです。
そこで現金を誕生日プレゼントに渡すと言う事になるのですが、現金をただあげるのではせっかくの誕生日なのにつまらないですよね。
現金を渡す場合であっても少し工夫をしてみてはいかがでしょうか。
例えば現金はお年玉と同じようにポチ袋に入れてみるとか、メッセージカードを一緒に添えて渡してみるとか良いと思いますよ。
現金だけではなくてそうした工夫をする事で気持ちがこもっていると言う点が旦那さんの心をグッと掴むと思うのです。
また現金が入った封筒を2つ用意して、どっちか好きな方の封筒を取ってもらって、その中に入っている現金をプレゼントするとか、渡し方にちょっと演出を加えても面白くて良いかもしれません。
現金を誕生日プレゼントにあげると言うのは気が引けると言う方も多いと思いますが、渡し方を少し工夫するだけで普通の誕生日プレゼントをあげるのと何ら変わらない様になると思いますよ。

奥さんが旦那さんに対して誕生日を覚えていて、誕生日プレゼントやお祝いをしてるのに対して、多くの旦那さんは奥さんの誕生日プレゼントはおろか、誕生日さえも覚えていないと言う人が多いみたいなのです。
旦那さんが奥さんの誕生日を忘れてしまうと、奥さんは「もう自分の事を好きじゃなくなったのかな」と思ってしまうと思いますが、実はそんな事はないと言う事が言える様です。
それが男女の考え方の違いだと言われています。
簡単に言うと女性はプライベートの方を重視しがちですが、男性は仕事の方を重視しがちだと言う事にあるようです。
女性の場合はプライベートと言っても自分の内側の中にある物を重要視します。
その為、友達や家族、恋人などに関して強い関心を持つ事が多い様です。
対して男性の方は家族や恋人、友達に関して関心を持っていない事はないのですが、それ以上に仕事や趣味の方に強い関心を持つ事が多い様です。
仕事で向上心を持って働いていると、つい自分の内側の部分に目が向けられなくなり、結果的に奥さんや彼女の誕生日を忘れてしまっていると言う事が多くなるようなのです。
ある意味こうした事は男性の特徴であると思っても良いと思いますので、旦那さんに誕生日を忘れられたからと言って嘆く事はないと言う事になります。
とはいう物のやっぱり誕生日位はお祝いして欲しいですよね。
そんな時には旦那さんに自分から言ってみてはいかがでしょうか。
「今日、私の誕生日だからご飯作りたくないから外に食べに行かない?」と言うだけでも旦那さんは思い出してくれて一緒にお祝いしてくれると思いますよ。

月別アーカイブ

コンテンツ

Twitter

Twitterでフォローしてください!

カレンダー

DESIGNED BY